6月
20日

アルパカ通信 Vol.6

『もうひとつの  現実  』
春先の通信5より、大変ご無沙汰しております。
今時期はアルパカ達のモフモフ度もMAXで、毛刈りが待ち遠しい日々が続いています。

そんな中、連日ブログでもお馴染み!!アースくん・ドリームくんの幼稚園&保育園訪問が大好評☆
沢山のお友達の『輪』が拡がっています(^-^)

同じ位の背丈のお友達とお散歩するアースくん

園児達の笑顔や優しさが伝わってきます

みんな上手だね(*^^*)

6月19日で、

アースくん  8ヶ月目突入!!


ドリームくん  7ヶ月目突入!!

もうベビーアルパカではなく、子供(クリア)アルパカと呼ぶ頃ですね。

アースくんは元気にすくすくと大きくなっていますよ!抱きかかえると『ずっしり(^_^;)。。。』と何とも言えない嬉しい重量感!!
体重20kg到達!!も、もう間近です(*´∀`*)

そして、
もうひとつお伝えしなければならない現実が
未熟児で生まれた『ドリームくん』の成長のこと。

ドリームは生まれた時から身体が弱く、自力で母親の初乳を飲む事が出来ませんでした。しかも母バニラのお乳の出が悪い事も重なり、免疫力の無い小さなドリームは、度々低血糖状態となり、命の危機にさらされてきました。
>>アルパカ通信Vol.2

【約7ヶ月前、 生後4日目のドリームくんの様子です↓】

生まれつき胃腸系・消化系に障害がある様で、本来なら成長とともにミルクから草などに変化していく食事も、現実 今も食べれません。胃の中の菌が成長出来ずに、今も尚、胃が赤 ちゃんのままで小さい状態なんです。
それどころか草に対しての拒否反応が強く、口の中にちぎった草を与えても吐き出す始末。
もうミルクだけでは栄養が足りないのは分かりきっていて、何とかその他の餌を摂取させないとドリームはこの先生きていけません。

しかし、必要な事とはいえ、無理な給餌がかえってストレスとなり、体調を崩す原因に。
だけど食べさせなければ弱る一方。
葛藤しながらも、悪循環が続きます。

そんな中、ドリームの身体も限界が近付き、またしても低血糖状態となり、発作までおきてしまい緊急入院することになりました。
一日中点滴が続きます…

日本でのアルパカ飼育の情報が少ない中、病院の先生方も様々な方法で連絡を取り合い、治療法、解決策を調べ、協力してくれています。

他の牧場でも、小さなアルパカ達の命を救うのに皆さん奮闘しているそうです。
自分も負けるわけにはいきません!!
ドリームはこんな状況でも一生懸命生きているんだから。
守らなければ。

ドリームは一体何を好むのかを模索する日々が続いています。
最近はヨーグルトが好物なので、それに栄養価のある餌の粉末、青汁、ミネラルなどを混ぜ、注射器で食べさせています。


人工哺育の難しさ、
そして動物個体の特徴は様々で、必ずしもマニュアル通り、思い通りにはいきません。
改めて、生き物と向かい合うという事の責任を大切に感じます。

ドリームは現在、血糖値も安定し、取り敢えず退院は出来ましたが、貧血気味はいまだ続いている為、休養・通院しながらまずは丈夫な『胃』を育てるべく治療や食事法を頑張っています。
病院でも待ち合い室で一緒になった患者さんから心強い応援を頂きます。

ドリームくんが不在の間、アースくんは幼稚園訪問や、ガーデンセールの際はしっかりとドリームくんの分もフォローしてくれます。
頼れるお兄ちゃんに成長しました(^-^)

皆さんから沢山のパワーをもらい、本当にアースくん・ドリームくんは幸せですね☆

ゆっくりではありますが、
たくましく成長したドリームくんになって、また皆さんにお会いできる日を信じて、

これからも、温かく見守っていただけると嬉しいです。

米村

2件のコメント

アルパカ通信, トンデンファーム, トンデンファームの動物たち

この記事に関してのコメント

  1. 藍ヒトミ

    ドリームくんの事、胸が痛みます。
    スタッフの皆さん毎日ありがとうございます。
    私達は祈る事しか出来ませんが、現実は思った通りになっていくらしいので、心配をせず、元気に走り回るドリーム君の姿をいつも思い描いてみます!

  2. さやか

    藍ヒトミさん>
    優しいお言葉ありがとうございます。
    私も元気にお散歩しているドリームを想像しながら、気持ち前向きに現状に立ち向かいますね!!
    今まで何度となくピンチを乗り越えてきた子ですから、ドリームは強い子ですから、きっと、近い将来には『あの時は大変でしたねー』なんて、話せるようになってるはずです。
    藍ヒトミさんも含め、皆さんからの応援の声を励みに、ドリームと一緒にこの試練の荒波を乗りこなしてみせます!!!!

    いつも、言葉の元気のお裾分け、本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です